女性を惹き付けろ!女子ウケの良い香水を選んで素敵な男性に!

自分磨き
この記事は約19分で読めます。

「女子ウケする香水を買いたいんだけど、どんなのが良いかな?」そんな疑問抱えていないですか?

確かに匂いって良く方向にも悪い方向にも動くので香水の選択には注意していきたいですよね。

この記事ではそんなあなたに以下の6つのトピックスについて解説していきます。

  • そもそもなんで香水が必要なのか
  • 女子ウケする香水を選ぶコツ
  • 女子ウケの良い香水トップ8
  • 香水の使い方
  • 間違った香水の使い方
  • 間違って香水を付けすぎてしまった時の対処法

この記事を読むことで、女子ウケする香水の特徴を知ることができ、素敵な男性へと早変わりすることが出来ます。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

そもそも香水ってなんで必要なの?

そもそもどうして香水って必要なのでしょうか?香水を付けると以下のようなメリットがあります。

  • 女性にお洒落に思われる
  • 良い匂いがすると清潔感があると思われる

たまにフワッと良い香りがする女性とすれ違った時「素敵だ…」と思いますよね。それと一緒です。

良い香りがフワッとする分には素敵とかお洒落とか良い感情に働いてくれるんです。

ですが、使い方を間違えると「香水臭い」と思われ、マイナスな感情を持たれてしまいます。

そのため、香水はある意味諸刃の剣とも言えるでしょう。

女子ウケする香水を選ぶコツ

女子ウケする香水を選ぶにはコツがあります。女子ウケする香水を選ぶ際には以下のことを意識して選べると良いでしょう。

  • 女性が好きな香りを選択
  • 香りの濃度
  • 価格

女性が好きな香りを選択

女性が好きな香りで代表的なのは花の香りのフローラル系爽やかな柑橘系やウッディ系セクシーなムスク系などが挙げられます。

花の香りであるフローラル系はフワッと思わず「良い匂い!」と思ってしまう優しい香りで、柔軟剤や芳香剤に利用されているほどで万人受けする匂いとも言えるでしょう。

爽やかな香りが特徴の柑橘系やウッディ系男性の清潔感を上げてくれます。柑橘系はみずみずしいイメージを与えてくれ、ウッディ系は森林浴を味わせてくれるような爽やかなイメージを与えてくれます。

セクシーな香りで有名なムスク系は甘くエキゾチックな香りです。ただし、甘い香りが苦手な女性もいるので注意が必要です。

香りの濃度

香水には濃度があり、濃度が高い順から

  1. パルファン(15%~30%)
  2. オーデパルファン(10%~15%)
  3. オーデトワレ(5%~10%)
  4. オーデコロン(1%~5%)

となっています。

やはり濃度が高くなればなるほど、香りの持続時間が長く、匂いが長時間残ってくれます。しかし、濃度が高いものは金銭的に高価なものが多く、さらに付けすぎると逆に匂いが強くなってしまい女性を不快にさせてしまいます。

そのため、これから香水を試してみるという人はオーデコロンかオーデトワレあたりから始めて、好きな匂いを探していくと良いでしょう。

価格

香水は日常的に使用していくものなので、価格的にも利用しやすい(続けやすい)ものであることが大切です。

香水にも1万円を超える高価なものがいくつもありますが、1万円以下のものでも素敵な香水はたくさんあります。

値段が高い香水は濃度が高いとか、天然の匂いで作られているとか、ちょっとしたこだわりの部分が大きいです。(実際はもっと様々な要素が絡み合っています)

どちらにせよ、自分の好きな匂いや好意を抱いている女性が好きな匂いが分かってから、高価なものに手を出しても遅くはないと思いますよ。

女子ウケ抜群な香水トップ8

では早速女子ウケ抜群な香水を8個紹介します。

今回ランキング形式で紹介しましたが、どれも非常にオススメな香水なのでランキングにとらわれずにチェックしてみてください。

第1位 POUR LES HOMMES・プールオム

この香水は全米やヨーロッパでFiFi賞というものを獲得している実力のある香水です。

この香水は優しく爽やかな香りがするため女子ウケが非常に良く、多少付けすぎてもキツイ香りにならないという点が女性からの評価を高くしてくれています。

初めて香水を試してみる人にまずは試して欲しい香水の1つだと言えるでしょう。

第2位 シャネル 香水 エゴイスト プラチナム EDT

この香水の特徴は爽やかな香りを持つ一面、落ち着いた印象を与えることが出来ます。

匂いはローズマリーなどのアロマティックな爽やかな香りに、匂いが落ち着いて来るとウッド系の落ち着いた香りになります。

芸能人にも愛用者が多いことで知られている香水で、大人な雰囲気を出したい時にオススメです。

第3位 アランドロン 香水 サムライ オードトワレ

この香水はジャスミンやローズなどの清潔感のある香りで、重い香りが苦手な女性にも好印象を与えることが出来ます。

10代、20代の若い男性であるならば、落ち着いた香りよりもこの香水のように爽やかな香りの方が良いでしょう、

第4位 UN JARDIN SUR LE NIL・ナイルの庭

この香水はあのハイブランド「エルメス」が2005年に発売した香水で、エルメスの香水の中でも絶大な人気を誇っています。

匂いは上品で甘すぎない香りで、洗練された品のある印象を持つでしょう。香水の香りをあまり表に出したくない人にオススメ出来る香水です。

第5位 カルバンクライン 香水 シーケーワン

この香水はユニセックス系の香水で、男女問わず好印象を与えることが出来ます。

匂いとしては柑橘系やフラワー系など女性の香水によくある香りがしますが、匂いが落ち着いて来るとムスクやアンバーとなり落ち着いた印象になります。

第6位 ブレナムブーケ オードトワレ

この香水はイギリスの皇室関係者が使っていると言われている香水で非常に品があります。

シトラスが爽やかに香る匂いから始まり、ウッディで落ち着いた香りに変化していきます。

控えめながらも完璧な気品を醸し出してくれる香水はまさに名作だと言えるでしょう。

第7位 BVLGARI BLACK・ブルガリ ブラック

この香水は女子が選ぶ「男子につけて欲しい香水」として人気が高く、甘い仕上がりの香水です。

匂いは優しいムスクの香りで、大人な包容力を演出してくれます。ただし、この甘い香りは好き嫌い別れてしまうところがあるので注意が必要でしょう。

第8位 ジェイロー スティル EDP SP

この香水はアールグレイの香りがするので、一般的な男性用香水と比べてスパイシーさが少なく、女性に親しみのある香りになっています。

また、匂いが落ち着いてくるとほんのり甘い香りに変化するのでプライベートで女性と過ごす時にぴったりな香水と言えるでしょう。

知らないとヤバい!香水の付け方

ではオススメの香水を知ったところで、正しい香水の付け方を学んでいきましょう。

香水の付け方は以下の4つのトピックスで解説します。

  1. 香水の香りの変化
  2. 香水を付けるタイミング
  3. 香水を付ける場所
  4. 香水を付ける量

では上から順に解説していきます。

香水の香りの変化

香水は時間が経つと香りが変化していきます。

香水を付けてから30分以内の香りは「トップノート」。香水に含まれるアルコールが十分に飛んでいないため、本来の香りとは少し異なります。また刺激が少し強い香りとも言えるでしょう。

香水を付けてから30分~1時間ほ「ミドルノート」。一番バランスがよく、香水本来の香りが強調されます。

香水を付けてから2時間~3時間は「ラストノート」。香水の余韻とも言えるこの香りはほのかに深みのある匂いだと言えます。

香水を付けるタイミング

では香水の香りの変化を知ったところで、香水を付けるタイミングですが、家を出る時にミドルノートにしたいため、外出の30分前に香水を付けると良いでしょう。

外出直前に香水を付けてしまうと、香りは「トップノート」になっているため、少量でも香水臭いと思われてしまいます。

ちなみに再び香水を付ける時は早くても3時間以上は空けるようにしましょう。

香水の濃度によって香りの持続時間は異なるので、香水臭いと思われるのが嫌なのであれば6~8時間ぐらいは空けると間違いないです。

香水を付ける場所

香水を付ける場所ですが、しっかり香らせたい時とふんわり香らせたい時とでは付ける場所は異なります。

しっかり香らせたい時は、体温が高い部分につけると香水が温められ香りがしっかり広がります。具体的には、手首や肘の内側、首筋やうなじなどは太い血管が通っているのでオススメです。

香水を首筋に付ける時は一度手首に香水を使って手首を首筋にトントンしてあげると良いですよ!

ふんわり香らせたい時は、香りは下から上に立ち上がる特性があるので、下半身に香水を付けると良いです。具体的には、足首や膝の裏、太ももなどが良いでしょう。

ちなみに香水を服の上から付けると生地の色が変色する恐れがあるので、香水は必ず直接肌に付けましょう。

香水を付ける量

香水を付ける量ですが、基本的には1プッシュ。どんなに多くても2プッシュにしておきましょう。

香水というのは「自分ではあまり匂いを感じない」ぐらいが丁度良いのです。

逆に自分でもしっかり香るぐらい付けてしまうと、相手からすれば「香水臭い」に繋がってしまうので香水の量にはくれぐれも注意してください。

【女子ウケ最悪】間違った香水の知識と使い方

香水の正しい使い方を知ったところで、反対に間違った香水の使い方も知っておきましょう。

この間違った香水の使い方をしてしまうことで、女子ウケは最悪になってしまうので、絶対にやらないように注意してくださいね。

女子ウケが最悪になる香水の使い方は以下の通りです。

  • 一日に何度も使う
  • 体臭を消すために使う

一日に何度も使う

一日に何度も使ったり、一度に大量の香水をつけるのはスメルハラスメント(スメハラ)として扱われる可能性があります。

香水は軽く香らせるぐらいが丁度良いのです。特に、自分の鼻はだんだん香水の匂いに慣れてくるので、しばらくして香りが無くなったと感じても相手はしっかり香水の匂いを感じています。

先程にも説明しましたが、香水は1~2プッシュぐらいにしておきましょう。

体臭を消すために使う

香水を体臭を消すために利用する方法もNGです。例えば、脇や足裏などはその代表格ですね。

脇や足裏は汗がたくさん出るところであり、汗の臭いと香水の匂いが合わさると大変な香りに変化してしまいます。(汗臭いのに香水臭いという感じです)

体臭を消すにはデオドラント製品を使ってください。体臭を消すには体臭を消す用のものを。匂いを付けるためには香水を。全く別物だと考えましょう。

間違って香水を付けすぎた場合は?

間違って香水を付けすぎた場合は以下の方法を試してみると良いでしょう。

  • 石鹸を使って水で流す
  • ぬるま湯で流す
  • アルコール(消毒液)を使う

香水を付けすぎた場合はこれらを試してみると香りが落ちてくれるのでオススメです。

余談ですが、例えばデート中にこっそり香水を付けたい時、香水を手首につけてあえて水で軽く流すことで香りがトップノートからミドルノートになるので、このテクニックは使えると思いますよ。

女子ウケする香水 まとめ

女子ウケする香水の特徴は以下の通りです。

  • フローラル系
  • 柑橘系
  • ウッディー系
  • ムスク系

そして、香水の使い方は以下の4点だけ抑えておけば問題ありません。

  1. 香水の香りの変化
  2. 香水を付けるタイミング
  3. 香水を付ける場所
  4. 香水を付ける量

香水は女性を惹きつけるのと同時に、使い方を間違えれば逆に遠ざけてしまう恐れもある諸刃の剣です。

適切な量とタイミングを守って上手に香水を使い、素敵な男性になりましょう。

タイトルとURLをコピーしました