【悩み解決】職場の告白してきた男性の心を傷つけない断り方4選

異性との向き合い方

職場の男性に告白されて、どう断ったら良いか悩んでいるという人は多いと思います。

確かに変に傷つけたり、怒らせてしまったりしたら、自分が居づらくなる可能性がありますし、そんなことで自分の居場所を無くしたくはないですよね。

この記事ではそんなあなたに「職場の告白してきた男性を傷つけずに断る方法」について詳しく解説しています。

この記事を読むことで、職場の男性を傷つけず、さらに自分の居場所を守ることができる断り方を知ることが出来ます。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

職場の告白してきた男性を傷つけずに断る方法4選

まずは職場の告白してきた男性を傷つけずに断る方法について解説していきます。職場の告白してきた男性を傷つけずに断る方法は以下の4種類が効果的です。

  • はっきり断る
  • 彼氏がいることを伝える
  • 趣味や仕事に打ち込みたいことを伝える
  • 社内恋愛したくないことを伝える。

これを読んでいる人は既に告白をされて、これから返事をしなくてはいけない人だと思うので、これから返事をするという状況が前提で解説していきます。

はっきり断る

相手に希望を持たせるような曖昧な返事ほど相手を苦しめるものはありません。

付き合う気がなく、相手を傷つけずに告白を断りたいのであれば、はっきりと付き合う気はないということを伝え、諦めてもらうのも優しさです。

ただし、この時、相手を立てることが重要になってきます。例えば、「好意を持ってもらうのは嬉しいです。ありがとうございます。」という感じで感謝を伝え、相手を面子を保ってあげると今後も仕事をしていく上で支障はきたさないでしょう。

彼氏がいることを伝える

付き合っている彼氏がいるから付き合えないというのは十分な理由です。彼氏持ちの女性はこの技を使って丁重に断りましょう。

また、この技は彼氏が本当にいなくても使える技です。仮に今まで彼氏がいないことを公言していたとしても、「彼との関係にあれこれ聞かれるのは嫌だったからフリーであることにしていたんです」と言ってしまえばそんなもんでしょう。

これは一発で相手に納得してもらうことができる最強の技なので、私個人的にもかなりオススメしています。

趣味や仕事に打ち込みたいことを伝える

今は趣味や仕事に打ち込みたいから恋愛はしたくないと伝えることで、間接的に「あなたは何も悪くないよ」と伝えることができ、相手を極力傷つけずに告白を断ることが出来ます。

ただ、趣味や仕事を言い訳に告白を断ってしまうと、しばらくスパンを空けて再び告白される可能性もありますし、「一緒に趣味をやりませんか?」なんて言われたら余計断りづらくなってしまいます。

そのため、趣味や仕事を言い訳に告白を断る方法は相手を傷つけずに断ることができますが、使い方が難しいということを覚えておきましょう。

社内恋愛したくないことを伝える

社内恋愛したくないことを伝えるのも職場の男性からの告白を断るのに効果的な手です。

例えば、「職場に彼氏がいると働きづらいので、社内恋愛はしたくないんです」と伝えれば、付き合いたくない理由の対象を男性自身から環境に移すことが出来ます。

「私があなたと付き合いたくない理由は環境のせいなんです」と間接的に伝えることができるので、これは職場の男性からの告白だから使える技でしょう。

職場の告白してきた男性に対するNGな断り方3選

上記では職場の告白してきた男性対して傷つけない上手な断り方を紹介していきましたが、ここでは逆に「これはやってはいけないNGな断り方」について解説していきます。

この断り方をしてしまうと、相手を深く傷つけたり、場合によっては職場に居づらくなってしまったりする可能性があるので絶対にしないようにしましょう。

冷たく断る

はっきり断ることは大切ですが、はっきりを通り越して冷たく断ってしまう人がいるなら注意が必要です。

冷たい態度で断ると勿論相手が傷ついてしまいますし、反感を買ってしまう恐れがあります。

ばっさり断るのではなく、フォローを入れたり、丁重に断ったりするようにしましょう。

期待を持たせる

期待を持たせてしまうような断り方もよくありません。例えば、「今はちょっと…」などと曖昧な返答をしてしまうと、相手からしてみれば「少し時間を空ければいける?」と思ってしまいます。

次もチャンスがあるかもしれないと、一度期待を持たせて、絶望に落とされるほど辛いものはありません。

別にその人と今は付き合いたくないのであれば、少し期待を持たせた断り方をしても問題ないのですが、全くその人と付き合いたいと思わないのであれば、曖昧な返答をせずにはっきりと断ってあげましょう。

冗談っぽく捉える

自分のキャラ的に冗談っぽく受け取って軽く流す人もたまにいますが、それは相手の心を踏みにじっている行為だと気づきましょう。

「はいはいありがとー!!」とか「またまた~」とか、場の雰囲気や関係性は壊れにくいかもしれませんが、やはり勇気を出して告白をしてきたのであれば、誠実に返答をしましょう。

断る時の手段は何が良い?

断る時の手段はどのような方法で断ったら良いかということについてですが、基本的には相手の告白手段に合わせて断ると良いでしょう。

例えば、相手が直接告白をしてきたのであれば、直接断るのがベターですし、LINEや電話などで告白をされたのであれば、相手は直接告白する勇気が出なかったと受け取れるので、同じ手段で断った方が相手にとっても都合が良いでしょう。

ちなみに、この記事を読んでいる人は既に告白をされて、どう断ろうか悩んでいる人がほとんどだと思いますが、なるべく返答に時間をかけないようにしてあげてください。

そして、次からはできれば告白されたその場で返事を出せるようになれば良いですね。

断った後の対応について

基本的にはどう断るかという断り方よりも断った後の対応の方が何倍も大切なので、これからも同じ職場で快適に過ごすためにも断った後のアフターケアはしっかり押さえていきましょう。

まず、相手の告白に対して断った後は非常に話しかけづらいかもしれませんが、いつも通り話しかけたり、挨拶したりすることが大切です。

ただし、中には無理に気を遣わないでそっとしておいて欲しいという人もいます。そんな時は少し距離を置くなど相手の反応を見ながら相手との距離を調節していきましょう。勿論、距離感を取るときも挨拶ぐらいはしっかりしましょうね。

ちなみに、そっとしておいて欲しいという人は挨拶した時に少し嫌な顔をしたり、よそよそしさを出していたりするので、しっかり相手の反応を見てどのような距離感を取るべきか考えていきましょう。

相手と少し距離をおく期間は1ヶ月程度あれば十分です。

1mmも傷つけずに断ることは難しい

この記事を読んでいる人の中には告白してきた相手を1mmも傷つけずに断る方法を知りたいと思っている人もいると思いますが、実際、1mmも傷つけずに断ることは難しいですし、不可能です。

ただし、1mmも傷つけずに断ることは不可能でも、今回紹介してきた方法で誠実に対応すれば、相手に残る傷も最小限に抑えることが出来ます。

また、アフターケアもしっかりすることで、職場で嫌われるような事態にはまずなりません。

「勝手に告白された側なのにどうしてこんな相手のことを考えないといけないの?」と思うかもしれませが、そこはしょうがないと割り切って大人な対応をしていきましょう。

まとめ

今回は職場の告白してきた男性を傷つけずに断る方法について詳しく説明してきました。

実際、告白を断る方法よりも、断った後に丁度よい距離感を作るアフターケアの方が重要ですので、その距離感を間違えないようにしましょう。

また、あなたは告白された側にも関わらず色々な配慮をしないといけないわけですが、今後の自分の環境を守るためにも大人な対応をするように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました