付き合う前の女性との適切なLINEの頻度はまさかの0回!?

彼女の作り方
この記事は約7分で読めます。
この記事で解決出来るお悩み

  • 付き合う前の女性との適切なLINEの頻度を知りたい
  • LINEで相手の心を掴みたい
  • 狙っている子と付き合いたい
管理人
管理人
恋愛心理学を学んでいる私がこんなお悩みを解決するよ!

あなたは好きな子とのLINEの頻度はどのくらいが良いんだろうと悩んでいませんか?

確かに多すぎても少なすぎても相手に嫌われてしまうような感じがして、凄く不安ですよね。

そこでこの記事では「付き合う前の女性との適正なLINEの頻度」「デートの重要性」について詳しく説明しています。

この記事で解説している内容を押さえることで、あなたはLINEというツールを利用して相手の女性の心を掴むことが出来るでしょう。

間違ったLINEの頻度を相手にしてしまい「連絡が返ってこない!」という事態を避けるためにも、ぜひ最後まで読んで正しいLINEの頻度を知ってください。

スポンサーリンク

LINEは便利なツールだが女性を落とすならデートを大切にしろ!

LINEは凄く便利なツールで、手軽に相手の女性にメッセージを送ったり、デートに誘ったりすることが出来ます。

しかし、だからこそ「LINEで相手を落とそう」などと安易な考えにならないようにしてください。

LINEを頑張って、LINEだけで見ると100点の内容だったとしても、実際に会った時のデートが20点だった場合、その人の評価はせいぜい30点程度です。

つまり、『デート>>>LINE』ぐらいの関係であるということをLINEの適切な頻度を知る前に押さえておきましょう。

管理人
管理人
LINEを頑張るぐらいだったら、デートのプランや戦略をしっかり考えようね!

付き合う前の女性とのLINEの適正頻度は1日0回!?

さて、「付き合う前の女性とのLINEの頻度はどのくらいがちょうど良いか」という問題に対してですが、結論から言うと「1日0回」で問題ありません。

太郎君
太郎君
ちょ、どういうこと!?何も送らないの?

正確に言えば、「予定調整のみの連絡はOK」なので、本当に何も送らないわけではないのですが、何か送る日よりも何も送らない日の割合の方が高いので、LINEの頻度は「1日0回」という表現を利用しました。

太郎君
太郎君
う~ん、よく分からないよ…
管理人
管理人
じゃあ、もう少し詳しく解説していくよ!

女性との関係性

LINEの適正頻度は0回という事実を正しく理解するためには、まず女性との関係性について理解しなくてはいけません。

あなたは相手の女性に以下の3つのうちどれか1つの評価を与えられています。

  • 好き
  • 分からない
  • 興味なし

基本的に付き合う前の関係性で「好き」の段階になることはなかなかありません。そのため、あなたと相手の関係性は「分からない」か「興味なし」のどちらかでしょう。

ちなみに、「分からない」と「興味なし」は初デートや初めて対面した時で決まると言っても過言ではありません。なので、初デート後や一度対面した後、急にLINEが来なくなる理由は女性に「興味なし」の分類に入れられてしまったからと覚えておきましょう。

管理人
管理人
一度「興味なし」の分類に入るとゲームオーバー。続行不可能になるよ。

そのため、まずは第一印象を良くし、失礼のないように行動を気をつけ、「興味なし」分類に入らないことが重要です。

管理人
管理人
清潔感を持って、よほど失恋なことをしない限りは「興味なし」には入らないよ!

また、「興味なし」から「分からない」という昇格はなかなかありませんが、「分からない」から「興味なし」という降格はいつでもあり得るので注意しましょう。

マメな男はモテるという勘違い

よく「マメな男はモテる」という話がありますが、あれは先程の3つの評価のうち「好き」の評価をもらっている男性のみの話です。

つまり、まだ「分からない」もしくは「興味なし」の評価の段階でマメに連絡をしても、評価を落とすだけですし、単純に連絡される側の女性もめんどくさいと思ってしまうのです。

多くの男性は「好き」という評価に引き上げるために焦ってLINEの頻度を多くしがちですが、この段階ではまだがっついている感が出てしまうので毎日の連絡は止めましょう。

管理人
管理人
女性も「分からない」男性に毎日LINEに付き合うほど暇じゃないよ

がっついている感が出てしまうと、「余裕が無い」とか「焦っている」というマイナスの評価を受け、「興味なし」に降格してしまうので注意が必要です。

逆に付き合った後は「好き」という評価をもらうことが出来るので、マメに連絡をしてあげてください。

LINEの連絡頻度

以上のことを踏まえると、LINEの連絡頻度は今の段階では「多くない方が良い」ということが分かってきたと思います。

では「LINEは今の段階でどういう時に送るべきか」ということについてですが、今の段階では「予定確認の連絡」のみにしておきましょう。

管理人
管理人
凄く分かりやすく例えると、「男友達」や「会社の同僚」に送っても恥ずかしくない内容が丁度良いよ!

例えば、会社の同僚に「今日こんなことがあったよ!」なんてLINEは送らないですよね?

それと同じで、男友達や会社の同僚に送っても恥ずかしくない内容として「次会うのいつにする?」といった事務的な内容が今の段階では好ましいのです。

そう考えると、付き合う前の女性とのLINEの適正頻度は「1日0回」ということも納得できますよね。

管理人
管理人
無駄な連絡をして良い段階と無駄な連絡をしてはいけない段階をしっかり見極めよう!

LINEで仲良くなろうという考えは危険

1番初めの見出しで、LINEよりもデートの方が重要ということを記載しました。

ここにもLINEの頻度を少なくしなければいけない理由があります。

多くの男性は好きな人と毎日LINEをしたいと考えますから、毎日好きな女性にLINEをすることで、こっちからガンガンアプローチしているわけです。しかし、実際に女性とデートすると「女性に嫌われたくない」という感情が生まれてしまいます。

すると、会っていない時にアプローチするのに、会っている時は全然アプローチしないという状況になってしまうのです。

太郎君
太郎君
確かにデートしている時は「恥ずかしい」とか「嫌われたくない」と思って、全然アプローチ出来ていないよ…

LINEでは毎日連絡をして恋人のように接してくるのに、実際に会った時は会社の同僚や友人のように接してくるわけですから、女性からしてみれば全く意外性がなく心が動かないわけなのです。

管理人
管理人
ちなみに過去の私もLINEで口説き、デートはチキってしまったため、「あまり口説いてくれなくて自信を無くした」と言われ振られたことがあります。

では、相手の心を動かすためにはどうしたら良いかということについてですが、あなたは多くの男性が犯してしまっている誤ちと逆のことをすれば良いだけです。
会っている時にアプローチをして、会っていない時はアプローチをしないようにしましょう。

女性とデートした後も連絡をあまり入れないことで、他の男性と違うことをしているわけですから、「どうして連絡が来ないんだろう…」と自分のことを考えさせることが出来るようになります。

つまり、デートでアプローチをしているのにデート以外では全然アプローチしないことで、「私のこと、好きなの?興味ないの?どっちなの~!!」とドキドキさせれるわけです。

太郎君
太郎君
恋愛は押したり引いたりすることが大切だと言うけど、LINEの使い方だけでこんな恋の駆け引きが出来ちゃんだね!
管理人
管理人
恋愛は良い意味で相手の期待を裏切ることで、かなりのプラスに効果が働くよ!

デートの約束について

なるべくLINEをしないようにするためにも、次のデートの約束は必ずデート中にするようにしましょう。

デート中に次のデートの予定を決めてしまうことで、デート後はLINEをする必要はほとんどなくなります。

また、先程も記載しましたが「デートに誘われたはずなのにほとんど連絡をくれない…」と不安に思わせることが出来るのです。

不安と言っても、この段階の関係性では意図的に相手に思わせたい「不安」ですので、自分のことを少しでも考えさせる時間を相手に作っていきましょう。

管理人
管理人
デート後のLINEは、デートに対する感謝と次のデートの日程だけ伝えて終わるようにしようね!

付き合う前の女性とのLINEの適正頻度 まとめ

今回は付き合う前の女性とのLINEの適正頻度について解説してきました。

付き合う前というのは、まだあなたのことが「好き」という段階ではないので、LINEを毎日送ってしまっては逆効果です。最低限の連絡事項だけLINEで連絡するように心がけましょう。

しかし、LINEを頑張らない分、デートは頑張らなくてはいけません。

デートではガンガンアプローチして「LINEではそっけなかったのに、こんなに口説いてくれるの~!!」と良いギャップで相手をドキドキさせちゃいましょう!

管理人
管理人
最後まで読んでいただきありがとうございました!
タイトルとURLをコピーしました