告白のタイミングを逃した時の挽回方法を解説!相手を諦めないためにやるべきこと

恋人作り
この記事は約8分で読めます。
この記事で解決出来るお悩み
  • 告白する場面でチキってしまった
  • 告白のタイミングを逃して絶望している
  • 告白し損ねた相手を諦めたくない
管理人
管理人

こんなお悩みを解決します!

あなたは告白しようと決めていたのにも関わらず、チキってしまい、告白のタイミングを完全に逃して絶望していませんか?

告白をする時って凄く緊張しますし、「絶対に想いを伝えるぞ…」と思っていても、結局怖気づいて想いを伝えることが出来なかったという話はよくあることです。

実際、私も「この日は絶対に告白しよう」と思いながらもチキってしまい、何も伝えないままその日のデートが終わるという経験を何度もしています。

太郎君
太郎君

告白ってすごく緊張するし、怖いよね…

そこでこの記事では

  • 告白し損ねた時の対処法
  • 告白でチキらない方法

について詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、あなたは必ず相手に想いを伝えることが出来るようになります。

後で後悔しないためにも、ぜひ最後まで読んでみて下さい!

告白のタイミングを逃したらもう終わりなのか?

そもそも「告白のタイミングを逃してしまったら、もう二度とその人と付き合えないのか?」という疑問に関してですが、結論から言うと「完全に振られていなければ大丈夫」です。

管理人
管理人

完全に「あなたとは付き合えません。ごめんなさい。」と言われていなければ、まだまだ希望はあるよ。

しかし、告白のタイミングを逃してしまったせいで

  • 相手に友達認定されてしまった
  • 「私のこと興味ないのかな?」と冷められた

という感情が相手に生まれるかもしれません。

このような場合、そこから恋人関係になるように巻き返すのはかなり困難なことだと言えます。

そのため、告白のタイミングを逃した時点で、告白の成功率は下がってしまう可能性があるということを認識しておきましょう。

しかしながら、完全に「もう終わった…」と諦めるではなく、今あなたに出来る最大限のことをして、どんな結末でも自分が納得できるように動いていきましょう。

管理人
管理人

まだチャンスはなくなってない!

告白のタイミングを逃してしまう原因

管理人
管理人

告白のタイミングを逃してしまう原因って何か分かる?

太郎君
太郎君

うーん、やっぱり勇気がないからかな…?

告白のタイミングを逃してしまう原因は大きく分けて2つあります。

告白のタイミングを逃してしまう原因
  • 告白する勇気が出ず、チキってしまったから
  • 告白できる雰囲気に持ち込めなかったから

確かに、告白する場面でチキらない人の方が少ないと思います。

「もし振られてしまったら…」と色々心配ごとが浮かんできて、なかなかあと一歩を踏み出せなかったことでしょう。

しかしながら、チキったとしても好きだという想いをちゃんと伝えるべきだったのです。

振られるのが怖いという気持ちは分かりますが、どんなにあなたが美男美女だとしても100%OKもらえる告白なんてありません。

そのため、「告白は振られる可能性はあるが、後悔はしたくないから勇気を持たなくてはいけないもの」と割り切る必要があったのです。

管理人
管理人

告白出来る雰囲気の持ち込めなかったのも、勇気がなかったからと言えるよね

告白のタイミングを逃した時の3つの挽回方法

太郎君
太郎君

どうしよう…もう挽回できないのかな?

管理人
管理人

完全に相手に拒まれていなければ大丈夫!

チャンスはあるよ!

では、ここからは告白のタイミングを逃した時に行いたい3つの挽回方法を解説していきます。

告白のタイミングを逃した時の挽回方法
  1. とりあえずもう一度デートに誘う
  2. 今すぐ電話をする
  3. 次の告白出来るチャンスが来るまで待機する

「これをすれば必ずその人と付き合える!」というわけではないのですが、今のまま終わってしまうよりも納得の行く形することはできます。

ぜひ、今の状況に合わせて3つの挽回方法から1つを選んで実行してみてみましょう。

管理人
管理人

では、順に解説していくよ!

1,とりあえずもう一度デートに誘う

とりあえずもう一度デートに誘い、その時にちゃんと告白するという選択肢は、一つの告白を逃した時の挽回方法として挙げられるでしょう。

デートにもう一度誘うことで、「あなたにまだ興味があります」というアピールにも繋がりますし、何より直接告白出来るチャンスがもう一度与えられます。

もしデートに誘ってOKをもらうことが出来たら、絶対に何があってもそのデート当時に告白をする決意をしましょう。

告白をするタイミングについて

告白をするタイミングは基本的にその日のデートの帰り際(夜)にするようにしましょう。

実際、夜にする告白の成功率は、日中と比べて30%も高いことが分かっています。

管理人
管理人

日中に行った告白の成功率は44.2%

夜に行った告白の成功率は75.0%だよ

また、デートの帰り際じゃないと告白失敗した時に、もの凄い嫌な空気のまま一緒に行動しなければならないですし、この後にご飯を食べに行く予定があるならもう地獄でしかありません。

そのため、デートに誘うことに成功したのであれば、告白するタイミングは必ず「デートの帰り際の夜」にするようにしましょう。

告白のタイミングを逃した時の挽回方法その1
もう一度デートに誘って告白する。

管理人
管理人

王道な方法だけど、これが一番成功率が高い!

2,今すぐ電話をする

ちゃんと面と向かって告白をした方が印象は良いのですが、「次のデートは二度とないかも…」と思うのであれば、今すぐに電話して告白した方が良いでしょう。

実際、電話でも声のトーンや雰囲気でしっかり想いを伝えることはできますし、のんびりしていたら他の人にその相手が奪われてしまう可能性もあります。

そのため、切羽詰まるほど急ぐ必要もないのですが、何もしないよりは今すぐに電話をして告白した方が可能性はあるというものです。

太郎君
太郎君

確かに、このまま何もしないよりかは、思い切って電話で告白した方が良い結果になるかもしれないよね

ちなみに電話で告白する時は軽い感じで話すのではなく、すごく真面目な雰囲気を出したほうが真剣さが伝わり好感度がアップします。

また、今すぐに電話すると言っても、「○日の○時に話したいことがあるから電話して良い?」と必ずアポを入れるようにしてください。

管理人
管理人

「話したいことがあるから」とか「「伝えたいことがあるから」という言葉を付けてアポを取れると、相手をドキドキさせることが出来るよ!

告白のタイミングを逃した時の挽回方法その2
なるべく早く電話で告白する。チャンスは自分で作るもの!

3,次の告白できるチャンスまで待機する

次の告白のチャンスが来るまで様子じっくりと様子を伺うのもありでしょう。

例えば、クリスマスや誕生日などのイベントが近いのであれば、そのイベントを利用して告白に繋げることが出来ます。

実際、上記のようなイベントの日にデートに誘われるということは、相手もうすうす感づいていますし、告白待ちである可能性が非常に高いです。

逆にイベントを利用して告白をする場合、その日がラストチャンスだと思ったほうが良いでしょう。

もし、そこで告白を出来なければ「自分の思い過ごしだったのかな?」と冷められてしまう可能性がありますよ。

管理人
管理人

ただ、相手によってはその時が来るまで待ってもらえない可能性があるから、諸刃の剣だね

告白のタイミングを逃した時の挽回方法その3
次のチャンスが来るまでじっと待機する。イベント大作戦!

告白の場面でチキって後悔しないために

「いざ告白!」という場面でもう二度とチキらないためにも、ここからは告白の場面でチキらない方法について解説していきます。

太郎君
太郎君

チキらない方法は知りたいけど、そんな方法はあるの?

管理人
管理人

チキらない方法…それは「背水の陣」作戦だ!

太郎君
太郎君

は、はいすいのじん?

「背水の陣作戦」とは、簡単に説明すると、自分が告白しなければいけない状況に無理やりしてしまうという方法です。

例えば、好きな人に「大切な話があります」とその一言さえ言ってしまえば、もう告白するしか選択肢にないわけで、逃げることは出来ません。

他にも、学園もののアニメや漫画の告白シーンではよくある状況なのですが、校舎裏に好きな人を呼び出して告白するシーンがありますよね。

あれもベタな状況ですが、校舎裏に呼び出したら告白せざる得ない状況に自分を追い込んでいるわけなのです。

つまるところ、告白するのに勇気を持つ必要はなく

  • 「大事な話があります」と伝えてしまう
  • 告白する定番の場所に二人だけで連れ出してしまう

このどちらかを実行すれば、後は状況が自分の背中を押してくれます。

告白をして相手に想いを伝えたいと思うのであれば、とりあえず「大切な話があります」とその一言だけ相手に言ってみるようにしてみましょう。

管理人
管理人

特に「大事な話があります」と伝えるだけだったらほとんど勇気は必要ないからオススメだよ!

告白のタイミングを逃した時にやるべきこと まとめ

今回は告白のタイミングを逃した時にやるべき挽回方法について解説してきました。

告白のタイミングを逃した時にやるべき挽回方法は以下の3つです。

告白のタイミングを逃した時の挽回方法
  1. とりあえずもう一度デートに誘う
  2. 今すぐ電話をする
  3. 次の告白出来るチャンスが来るまで待機する

告白のタイミングを逃したからと言って別に諦める必要はありません。

勿論、告白のタイミングは成功率に大きく影響しますが、「成功率が低くなってしまったから告白しない」という考えにはなってほしくないと思っています。

結局のところ、やらない後悔というのは一番つらいはずです。

ダメ元でも良いので、今できる方法で相手に好きだということを伝えてみるように頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました