片思いが辛い・やめたいと感じた場合の具体的な対処法とは?

恋人作り
この記事は約6分で読めます。

「片思いが辛い」「片思いなんかもやめたい」そう苦しんでいませんか。

片思いをこのまま続けても苦しいだけで、早くこの苦しみから開放されたいですよね。

この記事ではそんなあなたに3つのトピックスについて主に紹介しています。

  • 片思いが辛いと感じる場面と原因について
  • 片思いをやめたいと思ったときの対処法
  • 片思いの人と友人でいられるか

この記事を読むことで、あなたの感じている片思いの苦しみから開放され、恋愛に一区切りつけることができます。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

人はどんなときに片思いが辛い・やめたいと感じるの?

人はどんなときに片思いが辛い・片思いをやめたいと感じてしまうのでしょうか。調べて見ると以下のような場面でそう感じてしまうことが判明しました。

  • 好きな人にアタックしているけど全く振り向いてもらえない
  • 自分と話していると楽しそうにしてくれない
  • 相手の反応にいちいち傷ついてしまう自分がいる
  • 相手に恋人もしくはパートナーがいることが判明したとき
  • そもそも一方的に相手のことを想っているだけ

自分が相手に「好きだ」というアピールをしているのに全く振り向いてもらえず、さらには自分のことをそんなに大切だと思われていないと知ったときにはすごく悲しくなりますよね。

片思いでいる以上なかなか実らない恋なわけですが、でも人を想い続けるってすごく素敵で素晴らしいことだと思います。だから、私はまず「ここまでよく頑張ったね」とあなたに声をかけましょう。

片思いが辛い・やめたいと思ってしまう原因

片思いが辛い・やめたいと思ってしまうのには原因があります。辛い・やめたいと思っている原因を知ることでそれを解消する手がかりにもなるので、しっかりチェックしていきましょう。

片思いが辛い・やめたいと思ってしまう原因は以下の3つが考えられます。

  • 好きになった気持ちを自分で否定するのが辛く悲しいから
  • チャンスがあると思ってしまうから
  • 自分に自信がないから

好きになった気持ちを自分で否定するのが辛く悲しいから

片思いを諦める。片思いをやめてしまうというのは「好きになった気持ちを自分で否定」してしまうのと同じ行為です。

ここまで「自分の気持から逃げちゃだめだ!」と思って自分自身と戦ってきたのではないでしょうか。

そんな気持ちで戦ってきたのに、最終的に諦めなければいけなくて、否定しなくてはいけないから辛いのでしょう。

チャンスがあると思ってしまうから

「もしかしたら相手が振り返ってくれるかも」「自分のことを好きになってくれるかも」そんな都合の良いチャンスを自分自身で勝手に作り出してしまって、それに呆れて辛くなってしまうのではありませんか。

恋は盲目と言って、自分自身では気づけないことがたくさんあります。そんなときは友人などの第三者の目から今の関係性を見てもらうのが良いでしょう。

自分に自信がないから

「どうせ自分なんて見向きもされないんだ」と自分に自信がないため片思いをやめたいを思っていませんか。

自分に自信がないせいで相手に想いを伝えれず、自分の気持ちを隠したり我慢したりするという行為はすごく辛い感情を抱いてしまいます。

学生の片思いにはこのパターンに当てはまる人は多いでしょう。

片思いが辛い・やめたいと感じたときの対処法3選

片思いが辛い・やめたいと感じたときはこれから紹介する対処法をぜひ試してみてほしいです。

片思いが辛い・やめたいと感じたときに行ってほしい対処法は以下の3つです。

  • 相手の情報を完全にシャットアウトする
  • 友人に相談
  • 趣味に熱中

相手の情報を完全にシャットアウトする

相手の情報を完全にシャットアウトするのは非常にオススメです。しかし、これはできる人が限られてしまうというのが問題でもあります。

仕事や学校での環境上どうしても顔を合わせなければいけないとか、やり取りをしなければいけないとか、このような環境の人は相手の情報を完全にシャットアウトするのは難しいでしょう。

環境的に相手の情報を完全にシャットアウトできる人は、勇気がいると思いますが完全に相手の情報が目に入らないように設定してしまうことがオススメです。

何日かは辛いと思いますが、1週間2週間後には相手のことを少しずつ気にならなくなっていくでしょう。

友人に相談

友人に相談する。つまり誰かに相談して悩みを打ち明けるという行為はストレス解消にもなり、今すぐにでもできることなのでぜひやってみてほしいです。

上述もしましたが、第三者に今の状況を客観的に見てもらうことで自分自身が納得できたり、諦めも付きやすかったりすることができます。

相談するぐらいなので良い答えが返ってくるかもしれませんし、自分の望む答えが来なくても話すことでスッキリとすることができるでしょう。

趣味に熱中してみる

趣味に熱中している間はどんなに辛いことも忘れることができます。もし、あなたが今辛くて悲しい状況であるならなにか既存の趣味か、新しい趣味を探して挑戦してみてはいかがでしょうか。

新しい趣味に挑戦してみることで、新たな発見もできると思いますし、気分転換にはもってこいだと思いますよ。

趣味に熱中することで、心に余裕ができ、今後自分がどうしたら良いか自分自身の力で答えまでたどり着けるはずです。

片思いだった人とこれから友人としていられるか?

片思いだった人とこれから友人としていられるか悩んでいる人も多いと思います。結論から言うと、片思いだった人とこれから友人として接していくのは難しいです。

自分自身はその人と友人でいたいと思っているのかもしれませんが、その人と仲良くしている以上、心のどこかで「振り向いてくれないかな」と願ってしまう自分がいます。

もちろんそう思ってしまうのは悪いわけではありませんが、あなたの新しい恋の邪魔になってしまいますし、あなたは片思いをやめる方法について悩んでいるわけですから望んでいる答えとは異なるでしょう。

そのため、もしあなたが片思いだった人とこれから友人として接していきたいと考えているのであれば、当サイトではオススメはしません。中途半端になってしまうぐらいだったら白黒はっきりつけたほうが良いでしょう。

片思いが辛くやめたいと感じたなら想いを素直に伝えるのも…

片思いが辛くやめたいと感じたなら素直に想いを相手に伝えて、結果を見てみるというのも一つの手です。

もしあなたがずっと想っている相手に自分の想いを伝えられずにいるのであれば勇気を出して告白してみてはいかがでしょうか。

成功しても失敗しても今みたいな辛い想いを持ち続けることはありませんし、何より清々しい気分になれるはずです。

別に直接あって想いを伝える必要はありません。電話でもLINEでも構わないのでもやもやしたまま終わるぐらいなら行動してみましょう。

片思いが辛い・やめたいと感じた場合の具体的な対処法 まとめ

片思いが辛い・片思いでいる状態をやめたいと考えている人は以下のようなリフレッシュをしてみると良いでしょう。

  • 相手の情報を完全にシャットアウトする
  • 友人に相談
  • 趣味に熱中

また、どうしてももやもやしてしまうのであれば思い切って自分の想いを告白してしまうことを強くオススメします。どんな返事が返ってきても確実に今の状態よりもスッキリすることは間違いありません。

やらない後悔よりもやった後悔の方が後々満足できます。ぜひ、勇気を持って行動してみてはいかがでしょうか。最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました