3回目のデートの誘い方を伝授!告白を成功させるために!

恋人作り

「2回目のデートの約束は出来たけど、3回目のデートはどう誘えば良いんだろう」「誘い方が分からない」そんな悩みはありませんか。

3回目のデートは一般的には告白が成功しやすいデートとも言われているので、ぜひ誘ってOKをもらって、最終的には気になる相手と付き合いたいですよね。

この記事では3回目のデートの誘い方から3回目のオススメデート内容まで紹介しています。ぜひ最後まで読んで告白を成功させてくださいね。

3回目のデートの重要性について

3回目のデートは相手に「告白」して一番成功しやすいタイミングと言われています。そのため、3回目のデートは1回目のデートと2回目のデートの結果を知ることが出来る超重要なデートであることを認識しておきましょう。

また、相手側も3回目のデートとなると告白を期待していることが多いです。

様子を見て4回目のデート以降に告白するのもダメとは言いませんが、成功率の高い3回目のデートに告白を持っていくことが大切だと言えるでしょう。

3回目のデートに誘うタイミングと間隔について

3回目のデートに誘うタイミングは2回目のデートに誘うタイミングと同様にデートの終わり次の日程行く場所を決めてしまうのが良いです。

2回目のデート時に誘うことで「あなたに本気なんですよ」とアピールすることも出来ますし、断りづらい状況にも持っていくことが出来ます。

もしくは、デート直後のお礼LINE時に「次○○一緒に行こうよ」と誘ってあげるのがベターだと思います。

また、間隔についてですが2回目のデートをしてから2週間以内。どんなに遅くても3週間以内というのを必ず厳守しましょう。2回目のデートでどんなに良い感じになっても、それ以上期間が空いてしまえば気持ちも冷めてしまいます。

3回目のデートの誘い方

3回目のデートの誘い方は目的意識をしっかりと持って誘うことが重要です。具体的には3回目のデートで告白をすることが目的なのであれば、告白出来るようなロマンチックな場所を選択しましょう。

また、実際に女性を誘う時も「○○ちゃんと来週の土曜か日曜に△△に行きたいんだけど予定空いてる?」と具体的に日時と場所を伝えることで相手も返事に困ることはありません。

たまに「来週空いてる?」と聞く人がいますが、それは何をするのかも明確ではないですし、日時も指定されていないので女性側も返事に困ってしまいます。

3回目のデートに誘う場合は、目的意識と具体的な日時と場所を明確にすることを意識していきましょう。

3回目のデート内容はどうするべき?

さて、3回目のデートの具体的な内容について考えていきたいのですが、ここは共通認識として告白することを前提に内容を考えていきたいと思います。

  • 夜景
  • 水族館
  • テーマパーク
  • ちょっとお高いレストラン
  • 相手が行きたがっている場所

3回目のデートで告白をするのであれば、上記のようなロマンチックかつ非日常感を味わえるところがオススメです。たまにあまりにも気合が入って高級なところに行く人もいますが、それは正直重いです。

また、重くしないために行きつけのお店に行く人もいますが、それは日常感が出てしまい、良いムードになりづらいため、あまりオススメできません。

お昼に少し遊んでから、一緒にディナーを楽しみ、ちょっとお散歩しながら告白するという流れが最も成功しやすいのでないかと思います。

3回目のデートを誘う際の注意点

上述でも少し触れましたが、3回目のデートで気合が入ってしまうのは分かりますが、誘う時に重くなりすぎないように注意が必要です。

重い誘い方とはLINEを長文で送って次にデートに誘ったり、直接誘う場合もあれこれと理由をつけて誘ったりと重い誘い方は女性に引かれてしまいます。

男性はもっとリラックスしてラフな感じに誘ってあげましょう。ラフな感じで誘ってあげることで、相手もデートに参加しやすい雰囲気を作ることが出来ます。

しかし、ラフな誘い方と言っても軽い感じで誘ってはいけません。あくまでもあなたとデートがしたいんですと気持ちが伝わるような誘い方が良いですね。

例:
○○ちゃんと〇曜日に○○でデートしたいんだけどどうかな?

3回目のデートの成功率を上げるために

3回目のデートの成功率。つまり、告白してOKをもらえる確率を上げるためにはこれまでのあなたの振る舞いが非常に重要になってきます。

つまり、1回目のデートから3回目のデート内容及びそれまでのやり取り全てが3回目の告白の成功率をグッと上昇させてくれます。

そのため、3回目のデートや告白するタイミングだけでどうにか出来るものではありません。

告白を成功させたいのであれば、3回目のデートだけでなく、1回目、2回目のデートにも十分なパフォーマンスを出していきましょう。

3回目のデートで必ずやっておきたいこと

3回目のデートで必ずやっておきたいことは以下の2つです。

  • ドキドキさせる
  • 告白する

まず、ドキドキさせるということについてですが、相手に「今日告白されるかも」と思わせるような演出をする必要があります。このドキドキはスキンシップで与えることも出来ますし、ロマンチックな環境でも与えることが出来ます。

また、告白は出来れば3回目のデートで直接行いましょう。タイミングとしては少し遊んでご飯が終わった帰りがオススメです。もし先に告白してしまうと気まずい雰囲気になりかねないのであくまでも残りは帰りだけのタイミングを狙いましょう。

3回目のデートまでにやっておきたいこと

3回目のデートまでにやっておきたいこととして、スキンシップをとっておくと良いです。具体的には手を繋ぐというのが良いですね。

スキンシップをとることで、相手に自分を異性だと強く認識させ、ドキドキ感を味合わせることが出来ます。

タイミングとしては1回目のデートではまだ早すぎるので、2回目のデート以降。遅くても3回目のデートでは手を繋いでデートをしておきたいところです。

手を繋ぐ時も、「繋いで良い?」と聞くよりかは、さりげなく自然に手を繋げる方が良いですね。

3回目のデートで告白失敗に終わっても

3回目のデートで告白失敗に終わった場合、あなたがこれから取る選択肢は2つです。

  1. まだあきらめない
  2. 諦めて違う人と恋を始める

これは相手との出会いによって出来る選択肢が変わっていきます。諦めない選択は相手が学校や職場の人の場合、振られてもまだ会うことが出来るので諦めずに想いを伝えることが出来るでしょう。

しかし、マッチングアプリなどの出会いの場合は振られた時に連絡先ごとブロックされてしまう可能性が非常に高いです。

そのため、相手との出会い方によっては選択肢が無くなる場合もあるということを頭に入れておきましょう。

まとめ

3回目のデートを誘う時は基本的には2回目のデートと同様に、「デートの終わり」もしくは「デート直後」場所日時を伝えて誘ってみましょう。

また、3回目のデートは告白をすることが出来る絶好のチャンスでもあります。ロマンチックな場所で告白したいので、出来る限り普段行かないような場所をチョイス出来ると良いですね。

告白の成功率は3回目のデートだけでなく、これまでのデートとやり取りの結果ですので、3回目のデートだけを頑張るのでなく、これまでのデートも思いっきり楽しませてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました