高確率でOK?マッチングアプリの人を自然に食事に誘う方法!

マッチングアプリのあれこれ

「マッチングアプリの人を食事に誘いたいけど、具体的にどうやって食事に誘うのが正解か分からない」と悩んでいる人は多いと思います。

確かに、マッチングをしたは良いけど、食事に誘うとなると一気にハードルが高くなるような気がしますよね。

この記事ではそんなあなたに5つのトピックスについて解説しています。

  • マッチングアプリの人を食事に誘うまでの流れ
  • マッチングアプリの人を食事に誘う時のオススメの場所
  • マッチングアプリの人を食事に誘う具体的なセリフ
  • マッチングアプリの人を食事に誘う際の注意点
  • マッチングアプリの人と食事する際の注意点

この記事を読むことで、マッチングアプリの人を自然に食事に誘うことができ、さらに2回目のデートに繋げる方法を知ることが出来ます。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

マッチングアプリの人を食事に誘うまでの流れ

まずはマッチングアプリの人を食事に誘うまでの流れを抑えておきましょう。マッチングしてから実際に食事に誘うまでの流れはこんな感じです。

  1. マッチングする
  2. メッセージで仲良くなる
  3. 食事に誘う

こうやって見ると、食事に誘うぐらいであれば、たった3ステップで達成できるような簡単なことだと分かりますね。

でも実際はなかなか食事に誘うまでの過程で苦労している人が多くいると思います。特にメッセージで仲良くなるためにはどうしたら良いか分からないという人はこちらの記事を参考にしてみてください。

マッチングアプリの人を食事に誘う時のオススメの場所

マッチングアプリで出会った人を食事に誘う具体的なセリフを知る前に、相手をどこに誘うか食事する場所を考える必要があります。

一番良いのは相手の好みや話の流れでお店を提案してあげるのが好ましいのですが、それはなかなか難易度が高いと感じたのであれば、雰囲気の良いカフェやレストランをチョイスしてあげると良いでしょう。

その時、チェーン店や高すぎるお店は避けた方が良いですね。高すぎるのは重いと思われますし、相手によってはチェーン店でも良いという人もいますが、鉄板な場所を選ぶのであれば個人店をチョイスしたいところです。

食事するお店はそれなりに落ち着いて話せる場所かつ美味しそうなところにしましょう。

マッチングアプリの人を食事に誘う具体的なセリフ

では本題であるマッチングアプリの人を食事に誘う具体的なセリフについて解説していきます。

相手を自然に食事に誘うことが出来れば、食事に誘った時に断られにくくなるので、自然に食事に誘えるように仕組む必要があります。

まずは3日~2週間ぐらいはメッセージを通して仲良くなりましょう。ある程度仲良くなれたと思ったら、次のステップに従ってメッセージをしてみましょう。

STEP1 食べ物の話をする

自然に食事に誘うためには食べ物の話をしていた方がやりやすいです。そのため、食べ物系の話は食事に誘う直前までなるべくしないようにしましょう。

食事に誘うと決断した時に、「そういえば、〇〇さんの写真に美味しそうなお肉があるけど、お肉好きなんですか?」という風に相手の写真やプロフィールにある情報から食べ物の話に移りましょう。

プロフィール欄に食べ物の情報が一切ない場合は、「自分、最近(好きな食べ物を記載)にめちゃくちゃハマっているんですけど、〇〇さんは(好きな食べ物を記載)好きですか?」と聞けば問題ないでしょう。

STEP2 流れで食事に誘う

「〇〇好きなんですか?」と質問すれば、基本的に「yes」か「no」で返事が来ると思います。

もし「yes」で返された場合は、「そうなんですね!私も〇〇が大好きなんです!良かったら今度一緒に〇〇食べに行きませんか?」と誘いましょう。

「no」と返された場合は、「そうなんですね!じゃあ〇〇さんは何が好きなんですか?」と聞いて、好きなものを聞いたら、「私も〇〇よく食べるんですよ!良かったら今度一緒に〇〇食べにいきませんか?」と返しましょう。

STEP3 日時を決めてしまう

これで終わってしまってはただの社交辞令と捉えられる可能性があります。相手も行く気であるなら、日時まで予定を組んでしまいましょう。

日時を決める時はあなたの空いている日付を3つほど先に提示して「直近だと○日か、○日か、○日空いているんですけど、〇〇さんの都合の良い日はありますか?」と聞いてあげましょう。

この時の日付は相手の働き方にも寄りますが、基本的には今週か来週の週末に設定してあげましょう。

マッチングアプリの人を食事に誘う際の注意点

ここでマッチングアプリの人を食事に誘う際に間違ったアプローチをすれば一発で嫌われてしまいます。そのため、これから食事に誘う際には以下のNG行為に注意をしましょう。

  • 仲良くなっていないのにいきなり食事に誘う
  • お店を予約しない
  • お店の調査をしない
  • 相手の苦手なもの好きなものを把握していない

仲良くなっていないのにいきなり食事に誘う

仲良くなっていないのにマッチングした当日にいきなり食事に誘うなどという行為は止めましょう。

いきなり食事に誘ってOKもらえる確立は限りなく0に近いです。

必ず仲良くなった時に誘う、もしくは3日から2週間以内を目安に食事に誘えると良いですね。

お店を予約しない

カフェなどは予約できないところが多いですが、予約できるような場所であるなら予約は必ず入れましょう。

予約を入れずに並ばせてしまうとそれだけであなたに対する評価は下がるので、デート時の食事は基本予約を入れることを鉄則にしましょうね。

お店の調査をしない

集合場所からお店までの道のり、お店そのものの情報。全く調査してなくて、思っていたお店じゃなかったなんてことは避けたいですよね。

デートに丁度良いお店なのか、どういうメニューがあるのか、想定外のことが起こらないようにしっかりと調査はしましょう。

相手の苦手なもの好きなものを把握していない

相手の苦手なもの、好きなものを把握していない状態でお店を選んでしまうのは非常に危険です。

お店に着いたはいいけど、相手の苦手なものしかおいていないという状況は最悪です。

この記事で紹介した食事に誘う方法を実践すれば、好きなものが分からないという状況は避けれるので、最低限相手の好みだけは把握しておきましょう。

マッチングアプリの人と食事する際の注意点

マッチングアプリの人を食事に誘えたらクリアではありません。一緒に食事をする時も色々気をつけることがあります。

  • 身だしなみは整える
  • 実際に会話で相手を楽しまる
  • 店員さんには感謝する
  • 食事のマナー
  • 笑顔

特に食事のマナーに関してはすぐには直せないと思いますが、その日だけでも構いません。意識だけでも食事のマナーで汚いところを見せないように努力してください。

そして、食事と言いながらもこれは初めてのデートでもあります。相手を楽しませることを心がけましょう。

マッチングアプリの人を食事に誘う まとめ

マッチングアプリの人を食事に誘う具体的な方法は以下の通りです。

  1. 食べ物の話をする
  2. その流れで食事に誘う
  3. 日時を決めてしまう

この3つのステップを意識することが出来れば、自然に相手を食事に誘うことができます。

そして、もし食事に誘うことができれば、次は2回目のデートに誘えるかが重要になってきます。2回目のデートの誘い方は以下の記事に記載してあるので、1回目のデートをする前に読んでおきましょう。

タイトルとURLをコピーしました