マッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋ぐのはあり?メリットは?

マッチングアプリのあれこれ

「マッチングアプリで出会った人と2回目のデートで手を繋ぐのって大丈夫なのかな?」と疑問に思っていませんか?

確かにマッチングアプリでの出会いは会ってから間もないわけでもありますので、手を繋いだことで嫌われないか不安ですよね。

そこでこの記事では以下の3つのトピックスについて紹介しています。

  • マッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋ぐのはありか?
  • メリット・デメリット
  • 手を繋ぐ以外のアピール方法

この記事を読むことでマッチングアプリで出会った人と2回目で手を繋いで良いか知ることができ、さらに告白の成功率を高めることができます。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

マッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋ぐのはあり?

「マッチングアプリで出会った人と2回目のデートで手を繋ぐのはありかどうか」疑問に思っている人もたくさんいると思いますが、結論から言うと2回目のデートで手を繋ぐのはありです。

マッチングアプリで出会った場合、初めて顔を合わせてから2回目になるわけですが、ここで異性であることをアピールすることは今後の関係を良い方向に持っていくチャンスになります。

2回目のデートはまだ相手を探るデートではありますが、手を繋ぐことによって「自分に興味があるのかな」と相手に自分のことを考えさせることが出来るんです。

またスキンシップは相手との距離を縮めるための大切なテクニックでもありますので、狙いたい人には嫌われない程度にスキンシップを取れると良いですね。

マッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋ぐメリット

マッチングアプリで出会った人と2回目のデートで手を繋ぐメリットは以下のようなものがあります。

  • 相手との距離が縮まる
  • 自分に興味があるか確かめることが出来る
  • 告白の成功率を高めることが出来る

相手との距離が縮まる

先程にも少し記載しましたが、手を繋ぐなどのスキンシップを行うことで相手との距離を縮めることが出来ます。

マッチングアプリの場合、そもそも出会う前にメッセージでやり取りはしていると思いますが、それでも実際に対面した数はものすごく少ないため男女の間に大きな距離が出来てしまっています。

その距離をこの2回目のデートのタイミングで詰めることができれば、次のステップに王手することが出来るでしょう。

自分に興味があるか確かめることが出来る

手を繋ぐことで自分に興味があるか確かめることが出来ます。例えば、手を繋いだ時に相手が嫌がる素振りを見せなかった時はあなたに気がある、もしくは悪くないと思っていると判断して良いでしょう。

逆に、手を繋ごうとした時に拒否られたり、サッと手を引っ込められた時はあなたにまだ警戒心があるか、あなたのことを良くないと思っていると判断することができます。

後者の反応は嬉しくはないですが、早めに結果を知るという意味でもやって損はないと思いますよ。

告白の成功率を高めることが出来る

先ほど、手を繋ぐことで「相手との距離を縮める」ことと、「相手の反応を確かめることが出来る」ということを記載しましたね。

この2つが揃うことによって、告白の成功率を高める事ができます。まず、相手との距離を縮めるのは告白の成功率を高めるという点で非常に重要なのは分かりますよね。

そして、手を繋いだ反応が良ければ、あなたに気があることを知ることが出来るので、必然的に告白の成功率が高まるのは言うまでもありませんね。

マッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋ぐデメリット

では逆にマッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋ぐデメリットはなんでしょうか。マッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋ぐデメリットは以下の通りです。

  • シンプルに嫌がられる可能性がある
  • 誤解される

シンプルに嫌がられる可能性がある

手を繋ぐというスキンシップは人によっては嫌がられる可能性があります。相手があなたのことをそこまで良いと思っていないのに手を繋がられるとゾッとすると思いますし、中には付き合ってからじゃないと嫌という人もいます。

2回目のデートに来てくれるということは全く嫌ではないということですが、相手の気持ちの判断を間違えると取り返しのつかないこともあるということですね。

誤解される

手を繋ぐだけで「下心あるのかな?」と思われてしまう可能性は少なからずあります。これは本当に滅多にないことなので、そういう意味では安心していいと思いますが、変な風に誤解される可能性があることを知っておきましょう。

誤解されないためには、普通に手を繋げば問題ありません。変に恋人繋ぎをしたり、手をすりすりするのは2回目のデートでは止めたほうがよさそうです。

マッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋げなかったら…

「マッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋げなかったらもう3回目は告白だし…チャンスはないのかな?」と思っている人もいると思いますが、別に2回目のデートで手を繋げなくても問題ありません

3回目のデート。厳密に言えば、告白までに手を繋いでおけば問題ないでしょう。

ただ、このような書き方をした理由として、告白を成功させたいなら事前に手を繋いでおくことは必須です。私自身もデートで手を繋いだから結果として告白した時にOKしたと彼女から聞きました。

2回目のデートの帰りには手を繋ぐのが理想ではありますが、勇気が出なかった人は3回目のデートの途中で手を繋ぎましょう。

マッチングアプリの人に手繋ぎ以外のアピール方法

手を繋ぐのはかなりのアピールにはなりますが、手を繋ぐことばかりに意識がいっても困るので、手繋ぎ以外のアピール方法について紹介します。

  • 連絡をマメにする
  • 笑顔で楽しそうに話す
  • 将来を想像させる内容を語る
  • 次のデートに誘う

マッチングアプリで出会った場合、まだ2回目のデートであるならば上記の項目が有効的だと思います。

表現としてアピール方法と記載しましたが、これは絶対にやってほしいことでもあります。本気で狙いたい人がいるなら、手を繋ぐまではできなくても上記のアピール方法だけはするようにしてください。

ちなみに3回目のデートに誘う方法はこちらの記事に記載しているので合わせて読んでみてください。

マッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋ぐ まとめ

マッチングアプリの人と2回目のデートで手を繋ぐのはアリです。嫌われるデメリットよりも好かれるメリットの方が基本的には大きいのでチャンスがあれば勇気を出して手を繋いでみましょう

手を繋ぐことで得られるメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 相手との距離が縮まる
  • 自分に興味があるか確かめることが出来る
  • 告白の成功率を高めることが出来る
  • シンプルに嫌がられる可能性がある
  • 誤解される

どうしても嫌われないか心配な人は手を繋ぐのは3回目のデートに回しても構いませんが、告白を成功させたいのであれば告白の前に手は繋いでおきましょうね。

タイトルとURLをコピーしました