【必見】年上彼女の魅力って何?上手な付き合い方は?

恋人との向き合い方
この記事は約7分で読めます。

「年上の彼女ってどんな魅力があるの?」「年上の彼女との付き合い方に不安がある」このような悩みはありませんか?

一般的に年下の彼女が多いことから、年上の彼女の魅力や付き合い方はなかなか広く伝わっていません。

お互いに良好な関係を築いていくためにも、年上彼女の魅力から付き合い方までぜひ知っておきましょう!

スポンサーリンク

年上彼女の魅力とは?

世の中には『年上彼女×年下彼氏』という組み合わせのカップルがいますが、そもそも年上彼女の魅力とは何でしょうか。年上彼女の魅力を調査したところ以下のようなものがありました。

  • 大人な魅力がある
  • ギャップ萌え
  • 包容力がある
  • 経済的に自立している
  • 等身大でいられる
  • 甘えさせてくれる

上記のものが年上彼女の魅力なのですが、中でも、いつもお姉さんキャラなのにたまに見せてくるあどけなさにギャップ萌えしてしまう男性が多いようです。

また、年下彼女の場合は常に背伸びしないといけない場合が多いですが、年上彼女の場合は背伸びせずに等身大でいられるのも大きな魅力と言えるでしょう。

年上彼女と付き合うメリット3選

では次に年上彼女と付き合うメリットについて見ていきましょう。年上彼女と付き合うメリットは大きく分けて3つあります。

  1. 経済的負担が小さい
  2. 多くの知識を得られる
  3. 頼りにすることが出来る

(1)経済的負担が小さい

年上彼女の場合、自分よりも経済力があるためデート代などの経済的負担が小さいと言えるでしょう。

いくら男性でも、毎回おごったり、多めに出したりするのは正直しんどいですよね。年上彼女の場合、割り勘でも問題ない場合が多いため、お金がなくて困ることは少なくなります。

(2)多くの知識を得られる

年上彼女の場合、何事においても自分よりも経験があるので多くのことを学べることが出来ます。

知らないことを教えてもらうのは勉強にもなりますし、なにより会話の幅が広がるのできっと楽しいことでしょう。

また、知らないことを教えてもらうことで、自身の成長にも繋げることが出来るのはとても魅力的です。

(3)頼りにすることが出来る

年上彼女の場合、頼りにすることが出来るというのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

例えば、仕事や学校、プライベートの相談まで気軽にすることができますし、それに対して的確なアドバイスをくれるはずです。

また、年下や同い年と比べ理解力があるため、喧嘩することが少なく、信頼することが出来るのも魅力的ですね。

年上彼女と付き合うデメリット3選

では逆に年上彼女と付き合うデメリットは何でしょうか。年上彼女付き合うデメリットは以下のようなものが挙げられます。

  1. 収入差が気になってしまう
  2. 母親や姉みたいに感じてしまう
  3. 結婚に対するプレッシャーがある

(1)収入差が気になってしまう

年上彼女の場合、自分よりも収入が高い場合が多く、その収入差により自身のプライドが傷ついてしまう場合があります。

ですが、これは女性側が先に社会に出ているため当たり前なことですし、相手もそれを理解してくれているはずなので収入差は割り切るしかないでしょう。

(2)母親や姉みたいに感じてしまう

基本的に年上彼女の場合、家事や身の回りのお世話してくれる人が多いため、ある日、母親や姉のように感じてしまう場合があるでしょう。

また、子ども扱いされてしまうこともあるため、それに嫌気をさしてしまう男性も一定数いるようです。

(3)結婚に対するプレッシャーがある

女性側が25~35歳の場合、結婚に対するプレッシャーは彼女自身やその周りから常に与えられます。ですが、女性も安全な状態で子供を産みたいはずなのでそう思うのは当然です。

結婚はその後の人生を大きく変えるライフイベントでもあるので、慎重に考える必要があります。また、最終的には二人の問題なのでしっかり話し合ってどうしていくか考えましょう。

年上彼女は何歳まで離れていてもOK?

人によって「3歳差」「5歳差」「10歳差」など許容範囲が様々なため、何歳までOKか一概には言えません。そのため、当の本人たちが納得しているのであれば、年齢を気にする必要もないでしょう。

しかし、歳が離れれば離れるほど女性側が早く老けてしまうため、ある日を境に女性としての魅力を感じられなくなってしまう可能性もあります。

また、上記にも記載しましたが、女性の場合、出産にはタイムリミットがあるため、早く結婚を考えないといけない場合があるということを頭に入れておく必要があります。

年上彼女×年下彼氏は世間からどう見られる?

「年上彼女×年下彼氏」という組み合わせだからといって、特に周りからおかしく見られることは滅多にありません。

世間的には「年下彼女×年上彼氏」の組み合わせが多いですが、実際、私の周りでは「年上彼女×年下彼氏」の組み合わせの方が多いです。

また、今の時代10歳以上離れているカップルも多く、歳の差を悩む必要はないでしょう。

年上彼女が可愛いと思う瞬間は何?

いつもしっかりしている年上彼女ですが、その年上彼女が可愛いと思う瞬間はどんな時でしょうか。実際に調べてみると以下のような意見がありました。

  • 甘えてきたとき
  • 照れたとき
  • 無邪気な笑顔を見せてくれたとき

上記のどの意見にも共通しているのが、普段とのギャップに可愛いと思ってしまうということでした。

いつも自分の面倒を見てくれたり、何から何までしっかりしていたりする年上の彼女が自分だけに見せる女性らしい姿にキュンとしてしまうのも無理はないですよね!

年上彼女に好かれる行動

では年上彼女に好かれる行動とはどんなものがあるのでしょうか。年上彼女に好かれる行動は以下のようなものがあります。

  • 礼儀正しくする
  • 自立している
  • 甘える
  • 頼りにする

年上彼女に好かれる行動は上記のようなものがありますが、中でも注意してほしいことがあります。

それは「自立」と「甘える」を上手に使い分けるということです。「甘える」という行為は年上彼女の母性本能をくすぐるものではありますが、甘えすぎるのも逆効果です。

甘えすぎることなく適度に自立した姿を見せましょう。

年上彼女との交際を長続きさせる3つのポイント

年上彼女との交際を長続きさせるためには以下の3つのポイントを抑えておく必要があります。

  1. 等身大でいる
  2. 依存しすぎない
  3. 愛情表現をする

(1)等身大でいる

年上だから、年下だからといって年齢の違いを気にしていてはストレスや喧嘩の原因になり関係も長続きしません。

年上彼女と付き合う場合は、年上ということを意識せず、常に等身大でいるように心がけましょう。

そして年齢を気にせず、彼女といる時間を思いっきり楽しむことが長続きさせるポイントです。

(2)依存しすぎない

年上彼女の場合、相手がしっかりしている場合が多いため、つい依存してしまいがちですが、依存しすぎず自立することが重要です。

甘えることも重要ですが、甘えすぎず程よい距離感を保つように意識していきましょう。

また、自立することができると頼れるかっこいい彼氏として見てもらうことが出来ますよ!

(3)愛情表現をする

なかなか日本人の場合、愛情表現を行う人は少ないですが、愛情表現はしっかり行っていきましょう。

愛情表現をしないと女性側も「自分は愛されているのかな?」と不安に思ってしまい、それが破局の原因になってしまうケースもあります。

年上彼女との関係を長続きさせるためにも、愛情表現は言葉と行動で日常的にしてあげると良いですよ!

年上彼女との結婚タイミングは?

年上彼女と付き合うにあたって、結婚のタイミングはなかなか難しい問題ではありますよね。最終的には二人の環境の問題にはなりますが、参考にしてみてください!

結婚タイミングその1 仕事がひと段落着いたら

お互い仕事が忙しい中結婚するというのは、結婚の準備も考えると非常に難しいと考えられます。

そのため、彼女の様子と今の自身の仕事の状態が落ち着いたら、結婚に向けて準備していくと良いですね。

結婚タイミングその2 彼女の年齢が29歳になったとき

彼女にとって29歳というのは最後の20代でもあるので、20代のうちに結婚をするというのも一つの良いタイミングと考えます。

加えて、世の中には彼女の29歳の誕生日に結婚を切り出す人が多いようです。

まとめ

年上彼女は包容力があったり、自身が等身大でいられたりなど年上ならではの魅力的な要素が沢山あります。

しかし、そんな彼女に甘えすぎず、自立していくことが非常に重要です。甘えと自立をバランス良く使い分けていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました