愛情表現はストレートに!男性から女性に送る最適なやり方とは?

恋人との向き合い方

男性から女性にストレートな愛情表現をしたいけどやり方がわからなくて悩んでいませんか?

確かに日本人って普段なかなか愛情表現をしないので、緊張もしますし、勇気も出ないですよね。しかし、ストレートな愛情表現をすれば恋人ともっと仲良くなれると思ったらどうでしょうか?

この記事では主に5つのトピックスについて解説しています。

  • ストレートな愛情表現のやり方
  • 愛情表現の種類
  • 女性が男性にストレートな愛情表現をしてほしい理由
  • メリット/デメリット
  • ストレートな愛情表現をするポイントと注意点

この記事を読むことで、ストレートな愛情表現のやり方と重要性を学ぶことができ、彼女とより親密になれることを約束します。ぜひ最後まで読んでみてください。

ストレートな愛情表現のやり方

ストレートな愛情表現のやり方としては、スキンシップをしながら甘い言葉をかけてあげるのが一番です。

照れくさいと思いますが、ちゃんと言葉にして「好き」とか「愛してる」とか愛情表現をしてあげてください。

日本人の多くの男性は「言葉で伝えなくてもわかっているでしょ?」と思っている節があります。女性としても分かっている、もしくは分かってあげようと思っているものの愛されているか不安なのです。

そのため、愛情表現は男らしくストレートに言葉と行動で示してあげましょう。

愛情表現の種類について

愛情表現にも種類があります。ストレートなものから控えめなものまであるので、彼女彼氏がいる方はぜひ次に合う時にやってみてください。

  • スキンシップ
  • 甘える/甘えさす
  • マメな連絡
  • プレゼントを渡す
  • 常に笑顔でいる
  • 言葉で直接伝える
  • 誕生日などのイベントはしっかりしてあげる

すぐに出来そうなものから、ちょっと時間が必要なものまでありますが、彼氏彼女のために何かをやってあげることは全て愛情表現みたいなものです

しかし、人はどうしてもわかりやすいものを求めてしまうところがあるので、ストレートで分かりやすい愛情表現をしてあげれると良いでしょう

どうして日本人男性はストレートな愛情表現が苦手なの?

海外では好きな人への愛情表現(この場合はストレートな愛情表現のことを指します)をするのに、日本人男性は愛情表現が苦手な傾向がありますよね。

これは日本の文化の影響を受けてしまっていると考えています。日本は以心伝心という言葉があるように、「言わなくてもわかるよね?」という風潮があります。「空気を読む」もその一つですね。

このようにはっきり言わなくても伝える事が出来るという日本の風潮が愛情表現をあまりしない日本人男性を生み出してしまっていると思っています。

また、単純な恥ずかしさもあります。最近、草食系男子が増えてしまったことから、はっきりと「好き」と言えない人が増えていることも原因の一つかもしれませんね。

女性が男性にストレートな愛情表現をしてほしい理由

女性が男性にストレートな愛情表現をしてほしいと思う理由「不安」というのが一番大きいでしょう。

男性からすれば、こんなに愛情表現をしているのにどうして不安になるのか意味がわからないと思う人も多いでしょう。

しかし、女性はちゃんとはっきりと言ってもらわないと愛されていると確信できないんです。だから、直接ストレートに愛情表現をしてくれないと不安になってしまうんです

よくストレートな愛情表現は男らしいからと言われていますが、本当はストレートに愛情表現をしてもらって愛されていると安心したいからというのが本音でしょう。

男性が女性にストレートな愛情表現をするメリット

では男性が女性にストレートな愛情表現をするメリットはなんでしょうか。男性が女性にストレートな愛情表現をするメリットは以下のようなものがあります。

  • 相手に自身を持たせることが出来る
  • 深い関係を築くことが出来る
  • 相手からも愛されるようになる

ストレートな愛情表現をしてあげることで相手に自身を持たせることができ、さらに今よりもさらに深い関係を築くことが出来るでしょう。

また、こちらから愛情表現をしてあげることで相手も愛情をしてくれるようになります。これは何かしてもらったら何か返さないとという気持ちが働くからです。

愛し、愛されるためにもストレートで分かりやすい愛情表現を心がけていきましょう。

男性が女性にストレートな愛情表現をするデメリット

では男性が女性にストレートな愛情表現をするデメリットはなんでしょうか。私が思うにデメリットはないと言いたいところなのですが、何か挙げるとしたら「恥ずかしい」ということがデメリットと言えるでしょう。

基本的にストレートな愛情表現をしたから何か被害を食らうなんてこともないですし、相手もほとんどの確率で喜んでくれます。

寧ろメリットしかないと言えるのですが、愛情表現をするまでがなかなかの恥ずかしさがあると思うので、その恥ずかしさと戦わなければいけないという点でデメリットと言えるのではないでしょうか。

【男性必見】ストレートな愛情表現をする3つのポイント

ではここで、「ストレートな愛情表現をする際に抑えておきたい3つのポイント」を紹介します。

  1. 二人だけの時を狙う
  2. ためらわない
  3. 勇気

1つ目のポイントの「二人だけの時を狙う」というのは、その方が恥ずかしさも減りますし、二人だけってだけでロマンチックにもなります。普段ストレートな愛情表現出来ていない人は少しだけ特別感を演出しましょう。

2つ目のポイントの「ためらわない」というのは、恥ずかしがっているとどうしてもためらってしまって結局言えず仕舞いなんてこともあります。

3つ目のポイントである「勇気」と共に「ためらわず」ストレートな愛情表現をして、恋人を喜ばせてあげましょう。

男性が好きな女性にストレートな愛情表現をする際の注意点

男性が好きな女性にストレートな愛情表現をする際の注意点ですが、絶対に守って欲しいことが2つあります。

  • 相手を傷つけないこと
  • 見返りを求めないこと

相手を傷つけない

上記で紹介しました、愛情表現には様々なものがあります。基本的には相手を傷つけないものではありますが、その人との関係性によっては傷つけてしまうこともあるでしょう。

愛情表現なのに相手を傷つけてしまっては元も子もありません。どんな時も相手優先になりましょう。

見返りを求めない

こちらから愛情表現をすれば相手も愛情を返してくれるとメリットのところで記載しましたが、愛情を返してくれなかったからといって落ち込んだり、怒ったりしてはいけません。

そもそも見返りを求めて愛情を与えるというのはおかしな話だとは思いませんか?

本当に心から「愛している」ことを伝えれるように、見返りを求めず、常に愛を与えれると良いですね。

男性のストレートな愛情表現 まとめ

愛情表現にも色々種類がありますが、男性が女性にストレートな愛情表現をしたいのであれば、行動の他にちゃんと言葉で伝えれるようにしましょう

愛情表現をするまでは緊張するかもしれませんが、1回でも勇気を持って愛情表現することができればその後は日常的に愛情表現することができるはずなので、最初の1回だけは勇気を持ってみてください。

そして、愛情表現に見返りを求めたり、相手を傷つけたりするようなことは止めましょうね。

愛情表現は二人の仲をより親密にしてくれるものです。普段言えていない方は、この機会に勇気を持って好きな人に愛を伝えましょう。

タイトルとURLをコピーしました