冷却期間中の相手の気持ちはどういう風に変化していくの?復縁するなら3ヶ月or半年が狙い時!!

恋人との向き合い方
この記事は約8分で読めます。
この記事で解決出来るお悩み
  • 冷却期間中の相手の気持ちはどういう風に変化していくの?
  • 冷却期間を乗り越えて、復縁を成功させるためにはどうしたら良い?
  • 冷却期間中は具体的に何をしたら良いの?
管理人
管理人

恋愛心理学を学んでいる私がこんなお悩みを解決します!

あなたは最近元カレと別れ、冷却期間をスタートし始めたばかりではありませんか?

しかし、「冷却期間の相手の気持ちはどういう風に変化するんだろう…」という疑問や「冷却期間を中は何をすれば良いんだろう…」という悩みもありますよね。

そこでこの記事では「冷却期間中の相手の気持ちの変化について」「冷却期間中にやるべきこと」「適切な冷却期間」などを詳しく紹介しています。

この記事を読むことで、冷却期間中の相手の気持ちの変化が手に取るように分かるようになり、さらに冷却期間を乗り越えて復縁に成功するようになります。

復縁はとても難しいことなので、失敗しないようにぜひ最後まで読んでみて下さい。

冷却期間中の相手の気持ちの変化について

一般的に冷却期間中の男性の気持ち「喜び→気になる→悲しみ」という風に変化していきます。

では、それぞれの気持ちの変化を期間ごとに詳しくみてみましょう。

別れた直後~2週間

別れた直後から2週間あたりでは、「やっと別れられた!」と開放的な気分になり、一人の時間を満喫していることが多いです。

次はどんな彼女にしようか、休日は何をしようかと考えたり、この機会にマッチングアプリでも始めてみようと考えたりしているでしょう。

管理人
管理人

別れた直後は「喜び」の気持ちが大きいよ!

別れてから3週間~1ヶ月

別れてから3週間~1ヶ月経ったころになると、「あいつ今頃何をやってるんだろう…?」と気になり始めると同時に、どこか寂しげな感情を抱き始めます。

中には、「別れたことは間違いじゃなかった」と自分の選択肢が間違いではなかったと言い聞かせる人もいるでしょう。

そして、徐々に悲しみや寂しさの感情が出てきて、元カノがどうしているか探り始めるようになるのです。

管理人
管理人

約1ヶ月ほどで「悲しみ」の感情を抱くようになるよ!

別れてから3ヶ月

別れてから3ヶ月ほど経過すれば、寂しさからか次の恋人となりうる人を探し始めます。

しかしながら、以前付き合っていた彼女と比べてしまうので、上手くいかない場合がほとんどでしょう。

そして、「別れるんじゃなかった」と後悔し始める男性も徐々に増えてきます。

別れてから3ヶ月もすれば、元カノと復縁は出来るのか、新しい彼氏が出来ているのかなど、ついつい考えてしまう日も多くなってくるのです。

管理人
管理人

このあたりから復縁のチャンスがやってくるよ!

別れてから半年

別れてから半年も経てば、執着に近い感情は薄れ、だいぶ落ち着いてくるころです。

元カノへのSNSでのリアクションなどが減ってくる時期でもあるでしょう。

しかしながら、あなたへの存在は決して忘れることなく「特別な存在」として見ている可能性は非常に高いです。

そして、「今ならもう一度やり直せるかも!」と思っていながら日々を過ごしているのです。

管理人
管理人

ただ、あなたの状況が分からないとなかなか一歩を踏み出せない弱気な一面もあるよ!

別れた直後~2週間 :喜び
別れて3週間~1ヶ月:気になる&悲しみ
別れて3ヶ月    :悲しみ
別れて半年     :落ち着く&良い思い出

復縁したい場合の適切な冷却期間は?

復縁したい場合の適切な冷却期間は別れ方によって異なります。

あなたが相手を振って別れた場合は、「3ヶ月程度」が良いでしょう。

逆に、あなたが相手から振られた場合は「半年」は冷却期間を設けた方が良いです。

そもそもどうして冷却期間を設ける必要があるの?

そもそも「どうして冷却期間を設ける必要があるのか?」という話ですが、冷却期間がないと以下のようなデメリットが発生してしまいます。

冷却期間を設けないデメリット
  • 相手にはあなたの嫌なところしか映らない
  • 別れた原因を改善することが出来ない
  • 高確率で復縁に失敗する
  • 復縁に成功しても長く続かない

適切な冷却期間を設けずに復縁に挑戦しようと思っても、上記のような理由により、高確率で復縁に失敗してしまいます。

そのため、自分から別れを告げた場合は「3ヶ月」ほど、相手から別れを告げられた場合は「半年」ほど冷却期間を設ける必要があるのです。

自分から振った場合 …3ヶ月
相手から振られた場合…半年

ちなみに振られ方によって冷却期間は異なりますが、心理的理由が大きく関わっています。

自分から振った場合は、感情的に相手が寂しくなり始めた頃を狙いたいため3ヶ月が丁度良いです。

しかし、振られた場合は相手は「あなたに嫌なイメージがある」ことが考えられるため、人が嫌なことを忘れる期間である半年という期間を設ける必要があるのです。

冷却期間中は具体的に何をすれば良い?

冷却期間中は自分の何が原因で別れたか明確にし、復縁した際に同じ過ちを繰り返さないように改善に努めましょう。

せっかく復縁出来たとしても、また同じような理由で別れてしまっては復縁した意味がありません。

また、次会った時に以前の自分と変わった姿を見せることが出来れば、復縁の成功率を上昇させることが出来ます。

そのため、冷却期間中は何もせずにただ過ごすのではなく、必ず別れた原因を改善するための期間にしましょう。

管理人
管理人

冷却期間=修行期間だよ!

冷却期間後、復縁を成功させるためには?

冷却期間中に自己改善に努めたにも関わらず、復縁に失敗するのは嫌ですよね。

冷却期間後に復縁に成功させるためには、以下の3つのことを意識する必要があります。

復縁を成功させるために意識すること
  • 冷却期間中はよほどの事がない限り、連絡しない
  • 付き合っていた頃と同じ対応をしない
  • 結果を急がない

順に解説していきます。

冷却期間中はよほどの事がない限り、連絡しない

復縁を成功させたいのであれば、よほどの事がない限り、冷却期間中に相手と連絡を取ってはいけません。

なぜなら、別れた直後というのは相手はあなたにうんざりしているからです。

あなたはまだ相手のことを好きかもしれませんが、それは相手の愛情と大きな温度差があることを理解しましょう。

また、連絡がしつこいとブロックされかねないため、基本的には冷却期間中は相手と連絡を取らないように注意しましょう。

付き合っていた頃と同じ対応をしない

復縁を成功させたいのであれば、付き合っていた頃と同じ対応をしてはいけません。

別れたにも関わらず、あなたが馴れ馴れしい態度を取ってしまうと、相手に不快な思いを与えてしまうからです。

別れた後というのは、元恋人とはいえ「ただの他人」です。

そんな「ただの他人」から馴れ馴れしい態度を取られると、「なんだこいつ…」となりかねません。

そのため、元カレと話す時はいきなり恋人だった時のように話すのではなく、やや面識のある知り合いぐらいの距離感を保つように意識しましょう。

管理人
管理人

1から親密度を上げていくイメージを持つと良いよ!

結果を急がない

復縁を失敗させたくないのであれば、結果を急いではいけません。

先程も注意しましたが、元カレとあなたとの間には大きな温度差があります。

その状態で結果を急ぎ復縁を迫ってしまうと、恋愛に対する温度差により高確率で失敗してしまうのです。

そのため、いきなり以前のような恋人に戻ろうとするのではなく、ゆっくり時間をかけて距離を詰めていくようにしましょう。

別れた原因を明確化させて、自己改善に努めよう!

復縁を成功させるための第一歩として、別れた原因を明確化させ、自己改善に努める必要があります。

その際に大切なことは「第三者に相談する」ことです。

基本的に一人では自分を客観視するのが難しく、別れた原因を明確化させることが出来ません。

しかし、第三者に相談をすることで相手が自分を客観視してくれるので、どこが悪かったのか明確になります。

そのため、復縁を成功させるために今日から自己改善に努める人は必ず誰かに相談するようにしましょう。

管理人
管理人

ここでちゃんと別れた原因を明確化させれるかどうかで、復縁の成功率や復縁後に関係が長続きするかどうかが決まるよ!

また、もしすぐに相談出来る相手がいなかったり、自分の駄目なところを的確に教えてほしいと思っていたりする場合は、電話占いを利用することをオススメします。

電話占いは、テレビや雑誌などで活躍している有名な占い師に相談出来るサービスで、プロの占い師があなたの話から適切なアドバイスや提案をしてくれます。

プロの占い師に的確なアドバイスをしてもらうことで、自分では気づけなかったことに気づくことができ、復縁の成功率を大きく上昇させることが出来ます。

また、あなたの改善点だけでなく、この先は具体的に何をすれば良いか提案してくれるので、不安な気持ちを持つことなく、復縁成功に向けて歩き続けることが出来るようになります。

恋愛で迷った時は本当にオススメなサービスなので、気になった方は下のオススメの電話占いを紹介している記事をチェックしてみてください。

冷却期間中の相手の気持ち まとめ

冷却期間中の相手の気持ちは基本的には「喜び→気になる→悲しみ」へと変化していきます。

そして、復縁を成功させるためには、自分から相手を振った場合は冷却期間を3ヶ月ほど、相手から振られた場合は冷却期間を半年ほど設ける必要があります。

また、その際にただ冷却期間を過ごすのではなく、必ず別れた原因を明確化させ、自分の悪かったところを改善しなくてはいけません。

復縁という行為はとても難しい上に、復縁後に関係が長続きする確率はたった7%と低い数字なので、色々な人にアドバイスを求めながら計画的に復縁成功に向けて動くようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました